★動画「鷹の選択」できすぎたストーリー、拡散させるあなたにも責任!

鷹の選択

カリスマブログの相続広告

Pocket

 

鷹の選択」という動画をご存じだろうか?
私は昨日、通っている経営塾で初めて見せてもらった。
感動した! 同時に、いくぶんかの”引っ掛かり”も感じた。
40歳にして大きな決断を迫られるという習性、それは本当だろうか。

 

■変化するため自分を傷つけるタカ

動画はコレ → 鷹の選択」(YouTube)
※オリジナルは削除されたようです。
 こちらは大幅に改定され「フィクション」であることを明示しています。
 ご参考に! ↑↓
 

20140719鷹の選択

動画「鷹の選択」の1シーン。タカは自らクチバシを岩で砕く。すると・・・・

 

【動画「鷹の選択」の要旨】

※以下、”オリジナル版”にあった内容要旨です。
すでにこの動画はYouTube上に存在しませんが、ブログを書いた理由の中核なので、あえて残します。


鷹(タカ)は長命な鳥で70歳くらいまで生きる。

しかし40歳くらいで大きな決断をしなければならない。
座して死を待つか、つらい決断をするか・・・・。

 

40歳のタカはクチバシが下あごに届くほど長く、爪は鋭さを失い、
羽もくたびれて、高く、遠くまで飛べない。

 

“決断したタカ”は山の頂に巣を作り、
まずクチバシを岩に叩きつけて自ら砕く。
すると新しいクチバシが生えて来る。さらに新しいクチバシで
今度は足の爪を一つひとつはぎ取っていく。
爪が新生したら最後は羽だ、これも1本1本抜き取っていく。
半年後、生え変わったタカは高く飛び立ち残りの30年を生きていく。

 

老いてなお再生する、その再生には痛みが伴う。
その痛みを自らが選択する。
勇気がいる、ゆるぎない決意が必要だ。

 

最後はこのように結ぶ。

成長を望み、もっと新しい自分を見つけるためには、心の底から「変化」を期待し行動しなければなりません。
・・・・・・・・
あなたが心から探し求めている「生きる意味」とは何でしょうか?
変わりたい自分が「こころの扉」を叩く、のであれば、その気持ちと素直に向き合い、最も大切な事を選ぶ「勇気」を忘れない。
そして「成長」を求める自分を否定しない。

 

■「これ、本当でしょうか!?」と答えた私

見事なストーリーだと思う。
人生の何ものかを語っていて雄弁、詩的で、しかも美しい。
こういう生き方や考え方を私は好む。
一度しかない人生なら、このような挑戦者であり続けたい。

 

そういうことを感じながらDVDを見入ったのだが、
塾長から「石川さん、どんな感想をもちましたか?」と問われた時、
私は「これ、本当でしょうか!?」と、思わず答えていた。
素直に感動を表現すべきなのはわかっていたのだが・・・・。

 

この動画は2012年2月27日、YouTubeにアップされ、
現在までに58万回クリックされ、2900人がいいね!している。
元々は英語の動画を翻案して再アップロードしたらしい。
作者の善意な意図を私は疑わない。
何かを指弾して追及しようなどという気は毛頭ない。
一所懸命に生きようとする人を励ます素晴らしい動画だ。

 

元々の作者と翻案者にただ1つ注文を付けるとすれば、
フィクションとして、物語として発表すべきだった、ということ。
※最近の日本語版では冒頭(内容の一部はフィクションです)と付け加えられた

 

「鷹の選択」でググッてみると

私と同じような違和感を感じた人がいたことがわかる

 

実はこの検索ワード<写真上>を見て私は、少し安心した。
動画をうのみにしている人ばかりではないことがわかったから。

>2ページに続く(広告の↓↓↓)

Ads by Google