★Facebookから完全退会だ! アカウントを完全削除する法

ついにアカウントを完全削除
Ads by Google




Pocket

 

Facebookを完全退会する方法、ご存じだろうか?
個人アカウントを完全にFacebookから削除する方法だ。完全退会」「完全削除」と重ねて注意を喚起する理由は、通常の方法だとアカウントは完全には削除されず「一時的に停止(解除)」されるにすぎないからだ。

 

■通常のアカウント解除法では退会できない

その証拠がコレ、通常の方法でアカウント解除を行ったときの最終報告!

アカウント解除の報告

通常の方法でアカウント解除を行った時の完了報告

 

「アカウントの利用が解除されました」とあるが、よく読むと
<アカウントの利用を再開するには、以前のログイン用メールとパスワードを使ってログインしてください。これまで同様にサイトをご利用いただけます>とある。いつでも”復活”可能なのだ!
利用解除しても、友達からのイベント招待や写真のタグ付けなどは舞い込む。

 

しばらくFacebookを休みたいならこれで十分だろうが、これから就活だという人は・・・・
「学生時代に仲間たちと奔放に交流してきた記録を読まれるのはヤバイ」と考えるだろう。
また、過去の投稿を精算して新たにアカウントを取得したいとき、旧アカウントは障害になる。
そんな人たちのために、Facebookの完全退会法を紹介する。

 

■アカウント解除してもデータは消えない!

◇通常のアカウント解除法
ログインしておく→●Facebook上部の青いバー右端の「▼」マークをクリック→●メニューから「設定」→●設定画面で「セキュリティ」を選択→●一番下の「アカウントの利用解除」のリンクをクリック→●「利用解除」ボタンをクリック

※以上の方法でとりあえずアカウントは解除される。しかしFacebookのサーバーからコンテンツは削除されず、いつでも”アカウント復活”は可能だ。

「アカウント解除ボタン」をクリックしたときの注意を少々。
(ユーザーによって画面の内容は異なる)

 

引き留め画面

アカウントを解除しようとすると「解除」画面が現れるが、さまざまに引き留めを行う

 

 
「利用解除」ページだが、Facebookは友達を登場させ引き留めを図る。

利用停止の理由は必須の入力項目だが、ここでもさまざまな対処法を紹介する。
グループFacebookページを管理運営している場合は、実際上も注意が必要だ。
グループはアカウントを解除してもなくならない。ただし管理はできなくなる。
Facebookページは「公開」されなくなる。事実上の停止だが、復活の道は残っている。
最終行は極め付け、「自動的に再開」だ。ここにチェックを入れて「利用解除」ボタンを
押せば一定期間後に自動的にアカウントは復活する。何のための「解除」か・・・・??

 

■退会させたがらないFacebook

以上のことから伝わってくるニュアンスは、作ったページをFacebookはサーバー
から削除したくはない――、ということだ。
だからアカウントの完全削除法をFacebookは積極的に開示しようとしない。

 

Facebook完全退会=アカウントの完全削除法

Facebookからの完全退会、アカウント完全削除への入り口は「ヘルプ」にある!
Facebook上部のバー右端の「▼」をクリック→●メニューから「ヘルプ」を選択

完全退会への入り口

完全退会への入り口は「ヘルプセンターを見る」から

 

→「ヘルプセンターを見る」のリンクをクリック→●開いたページ左側のメニューから
「アカウントの管理」をクリック→●「アカウントの利用解除と削除」をクリック
※同じページに「アカウント停止」があるがコレではない。

 

アカウントを完全削除

「アカウントを完全削除」は赤枠のリンクから

 

→ ●開いたページの「自分のアカウントを完全に削除するには――」をクリック
(以下の文章が出てくる)→●文中の「Facebookにご連絡」のリンクをクリック

 

アカウントを完全削除へ

開いた文章中の「Facebookにご連絡」のリンクをクリック

 

→●ついに「アカウントを削除」ボタンが出てくるのでそれをクリック
→●アカウントのパスワードと文字認証を入力し「OK」ボタンをクリック

 

ついにアカウントを完全削除

パスワードと文字認証をするとついにアカウントを完全削除することができた

 

→●「アカウントを永久に削除」画面になるので「OK」ボタンをクリック

 

これでようやくFacebookのアカウントを完全に削除できた。
※スマートフォンからはこの設定は行えない。ただし秘策あり ↓
しかし「アカウントの削除」画面の説明に書かれているように
投稿記事や写真のサーバーからの削除には最低90日間はかかるようだ。

 

また完全削除の手続き後もなお2週間は手つかずでユーザーのデータは残っている。
したがってこの間に気が変わってアカウントを復元したくなったら、それも可能。
ログイン画面からメールアドレスとパスワードを入力するとログインでき、
「削除をキャンセル」ボタンを押せばアカウントは回復する。

 

※スマートフォンでFacebookから「完全退会する」方法

 

【Facebookの教科書関連記事】

★あなたの投稿は友達に届いていない! 知らないと損するFacebookの掟

★Facebookは「まとめ屋」兼「拡散マシーン」。自己規制は無用、芯を語ろう!

★友達は“展覧会”を見に来ない! あなたに限らない、Facebookへの誤解

★Facebookの個人アカウントは非商用、初歩的ミスを指摘しづらい私・・・・

★Facebookは“極端”がお好き、あなたの投稿表示数は250倍の差がつく!!

★誰も書かなかった「いいね!」の原理 わかったつもりの人はつまづく!

★FBは“特別の人”を知っている 「交流」を自分で制御しておかないとヤバイ!

★『人の輪』を創りたがるFacebook あなたの投稿は友達に届いていない!?

★ニュースフィードの登場でFacebookは変わった 本当に、劇的に!!

ジャーナリスト石川秀樹>■■電本カリスマ.com

Ads by Google





…………………………………………